【周辺情報やアクセス】梨泰院クラウンホテルに泊まってみたレビュー【アメニティ紹介】

スポンサーリンク
あそび
スポンサーリンク

こんにちは、あかのです(@tanin_no_street)

3日間、韓国旅行に行っておりました!

お値段なんと2泊3日で約2万円!激安プランでの旅行です(木曜から土曜という日程だったからでしょうが、それでも安い……!!)

そんな今回の激安旅行で使ったホテルは、”梨泰院クラウンホテル”。明洞や東大門といったメインの観光地からは少し離れた梨泰院エリアにあるホテルでした。

お値段のこともあってか『最高のホテルだ!』とは言い難かったのですが(笑)、値段の割には綺麗だし、ちょっとコツはいりますが快適に旅行を楽しめました!

外から見るととても古く見えるのでびっくりするかもしれませんが、中はきちんと掃除が行き届いていて清潔ですよ!

今回の記事では、そんな”梨泰院クラウンホテル”のレビューをしていきたいと思います。

あかの
あかの

梨泰院クラウンホテルを利用する可能性のある方、梨泰院エリアについて知りたい方はぜひ参考にしてくださいね!

梨泰院エリアとは?

漢江の真上

梨泰院エリアは、明洞や東大門といったソウルのメジャーな観光地よりもさらに南の漢江の真上に位置しており、ちょうど江南エリア(カロスキルなど)と江北エリア(明洞など)の中間地点にあたります。

江北と江南の両エリアに30分ほどで行けるため、どちらのエリアも行ってみたい!という方にとっては便利な場所だと思いました。

ソウル市内のインターナショナルなエリア

また、梨泰院エリアには各国の大使館や領事館が多くあるため、ソウル市内でも外国人が多い『異邦人の町』として知られているそう(確かに、観光客でない非アジア人は梨泰院が圧倒的に多かったです)。

その関係で、各国料理のレストランやカフェが充実しているみたいですよ!私は残念ながら利用はしていないのですが、確かにアメリカンダイナーやピザ屋さんを多く見かけました。

アクセス

さて梨泰院クラウンホテルですが、梨泰院エリアの中でも左端のほうにあります。

梨泰院クラウンホテルの地図

地図を用意してみました。明洞駅やソウル駅からは、なかなかに遠いということが良くわかるかと思います。まず徒歩は不可能ですし、タクシーもなかなかの料金になりますので、公共交通機関の利用が必須です。

韓国は交通網が発達していて、地下鉄とバスでどこでも行くことができるのですが、梨泰院クラウンホテルに関してはバスの利用をおススメします。

なぜバスなのか?電車じゃないの?

なぜバスなのか?理由は↓2つです。

1.乗り換えが多くなる

2.駅までの道のりが上り坂

梨泰院クラウンホテルの電車の最寄り駅は、緑莎坪(ノクサピョン)駅という地下鉄の6番線の駅なのですが、この駅が厄介なのです。

観光客が良く使う地下鉄の4番線(明洞駅やソウル駅を繋いでいる線)や3番線(江北と江南を繋いでいる)と6番線は接続が悪く、必ず1回は乗り換えになります。

韓国の地下鉄は線と線の間の移動距離が長い上に、エレベーターやエスカレーターのない上下移動もよくあるため、1度でも乗り換えると結構なエネルギーを消費するので、使うだけで乗り換えの発生する緑莎坪駅は避けた方がベター。

また、駅に向かうまでの道のりのほとんどが上り坂のため、ホテルを出てすぐに苦労して坂を上らなくてはならなくなりますが、これもきついポイントです。

バス利用のススメ

緑莎坪駅よりもっと近くに、バス停があります。その名も”イテウォン・クラウンホテル停留所”。ゆっくり歩いても3分ほどで到着する、目と鼻の先です。

また、梨泰院クラウンホテルの前には太い幹線道路が通っており、バスが頻繁に行き来しているので、10分に1本くらいの頻度でバスがやってきます。バスを待って貴重な時間を無駄にする、ということはありません。

バスなので、上下移動をして乗り場に移動する必要もありませんし、坂道を上る必要もほとんどありません。

これだけの好条件なので、梨泰院クラウンホテルに泊まることになった観光客は皆バスを使うべきだと思います。

※私は確実にバスを使うべきだと思うのですが、同じ日に同じホテルに泊まった日本人は皆電車を使っていました。確かに、ハングルが分からない人にはバスは少し難しいかもしれません(ネットにも、地下鉄の使い方を書いた記事は多くありますが、バスの使い方の記事はほとんどありません)。しかし、ハングルが全く分からない私でもバスを上手く使えた方法があるので、また記事にしますね☆

周辺情報

周辺情報として、↓の2点についてレビューします。

1.安全性はどうか?夜道は真っ暗にならないか?

2.近くにコンビニなど、便利なお店はあるか?

安全性はどうか?夜は真っ暗にならないか?

結論から言うと、比較的安全だと思います。少なくとも、夜に真っ暗になることはありません。

ホテルの目の前には幹線道路が走っていて、電車の駅・バス停共にこの道沿いにあります。しかもこの幹線道路には常に車が走っていたので、公共交通機関で帰ってきた時にはこの道沿いを歩けば、車のライトも人目もある状態なので、怖い思いをせずにホテルに着けると思います。

また、駐在外国人の多いエリアなだけあってホームレスなどの浮浪者も少なく、また夜通しやっている若者の集まるようなお店も近くにはないので、滅多に危険な目には合わないのではないでしょうか。

とはいえ特に夜の1人歩きは危険なので、必ず誰かと一緒にいるようにしてくださいね。

近くにコンビニなど、便利なお店はあるか?

近くに24時間営業のコンビニはありません。GS25というコンビニがありますが、24時間営業ではありませんでした(早朝は開いていなかった)。

しかし、夜10時頃の時点ではまだ開いていたので、ホテルで小腹が空いて何か買いに行く程度ならばそれまでに済ませれば問題ないと思います。

他には、少し歩いたところにマクドナルドやスターバックス、ダイソーもありましたよ。

アメニティ

梨泰院クラウンホテルのアメニティは、海外のホテルとしては一般的なものでしたが、日本のホテルに慣れている方からするとちょっと物足りないかもしれません。

↓にまとめておきましたので、参考にしてください。

あったもの

・バスタオル

・ドライヤー

・冷蔵庫(ペットボトルの水 人数分)

・櫛

・ハンガー

・シャンプー・リンス・ソープ

なかったもの

・歯ブラシ

・スリッパ

・セーフティーボックス

・カミソリ

・パジャマ

まとめ

結論として、梨泰院クラウンホテルは値段と使い勝手のバランスが取れた、コスパのいいホテルでした。

梨泰院クラウンホテルに泊まることになって心配している皆さん、意外と大丈夫ですよ!笑

是非この記事を参考にして、楽しく快適に旅を楽しんでくださいね。

では、またお会いしましょう☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました