今年のM-1を見て思うこと

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、あかのです(@tanin_no_street)

年末の風物詩・M-1グランプリ。(アップするのが遅れました。もう昨年ですね…、)

出場者の方々のネタの面白さもさることながら、舞台裏のドラマにも毎年注目が集まる、年に1度の大舞台だ。私も毎年楽しみに拝見させていただいている。

個人的にとても印象に残る回だったので、その感想を書き残しておきたいと思う。

優勝・ミルクボーイ

納得の優勝

まずは、優勝したミルクボーイ。

とても面白かった!

画面越しにも会場の湧き上がりっぷりが伺える、文句なしの優勝である。

個人的に、動きで笑わせてくるタイプの笑いよりも語彙力で攻めてくるタイプの笑いが好みなので(千鳥のお二人や霜降り明星・粗品さんなど)、ミルクボーイの漫才はとてもツボに入った。私も見ながらゲラゲラ笑ったものだ。

1つの話題について行ったり来たりする独特の形の漫才で、ボケ数も控えめながらあの面白さ。

今年のテレビ初出演がM-1、そのまま優勝、というシンデレラストーリー的・ジャイアントキリング的要素も胸を打つ、私納得の結果であった。

1本槍の強さ

ミルクボーイの優勝が決まった後、SNSで一部の方が言っていたことがある。

「同じ構成のネタを2連続でやって優勝なんておかしい」

「ミルクボーイのネタは単調でつまらない」

おそらく、バリエーション豊富なネタを持っているということで知られている和牛ファンの方が書き込んでいることなのだろうが(個人的な印象にはなるが、和牛ファンの中には熱心すぎて若干”イタい”方も多い)、私は全く逆のことを思った。

あのネタは、確かに構成自体は単調だがかなりのレベルまで磨き上げられている。突っ込みの間や言葉選び、突っ込みのテンションなどの細部まで練られている印象で、かなり作りこまれていることがお分かりいただけるだろう。

実際、ミルクボーイはあのスタイルの漫才を何年も続けているという。それだけ何回も練習を重ね、磨き上げてきた”1本槍”なのだ。ワンパターンなのではない。”あえて”得意分野に絞り込んで磨き上げているのである。

彼らは磨き上げたその”1本槍”で、器用に何パターンものネタを披露する、知名度ではるか上を行くライバル達を打ち取った。こんなにワクワクする展開は、M-1史上でもめったにないだろう。

彼らの躍進は、1つの武器を極限まで磨き上げることの強さを示しているようで、個人的にかなり勇気をもらった。

なんでも無難にこなす”オールラウンダー”になるべきか、1つの分野に特化した”専門家”になるべきかという議論は常になされてきているが、今回のミルクボーイは”専門家”として成功した一例になるだろう。

新しいスタイルの漫才を披露したぺこぱ

今年のM-1で話題になったコンビといえば、ぺこぱだろう。

ツッコミの松陰寺さんの”ツッコまない”ツッコみは、SNS上でも『新しい』『やさしさにあふれている』と大きな話題になった。

令和の漫才

SNSで皆さんのコメントを拝見して特に印象に残ったのが、『ぺこぱの漫才は令和の漫才』というコメント。

どう考えても変わっているボケのシュウペイさんの奇行に対し、怒鳴らず、否定せず、受け入れて笑いに変えていく独特のスタイルは、『自分の考え・常識とは違うことをする相手を否定するのではなく、認めていくべきである』という新時代的考え方にマッチする部分があったのだと思う。

伝統的に続く嫁vs姑から始まり、平成の時代になっても、若者vsおじさん、ワーママvs専業主婦などの対立構造は根強く、SNSの発展によってさらに醜い泥沼の争いが繰り広げられてきたことは皆さまもご存じの通り。

しかし、争いは何も生まないこと・”相手を認める”ということの価値を皆が少しずつ理解してきたのも平成という時代だった。

令和という時代は、どんな風になっていくのか。ぺこぱの大ウケが、それを示唆しているように私には感じられた。

『いつも心にぺこぱを』を合言葉に、私も新しい時代を生き抜いていきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました